ご家庭の保険に疑問があるならFP保険相談で確認しよう

説明

精神疾患と医療保障

説明

ストレスが一因となる病気

うつ病の原因の一つとして挙げられるのが、ストレスです。ストレスが甚大な場合やストレスへの耐性がない方は、急にうつ病を発症することがあります。仕事上の問題を抱えやすい現代人にとって、罹患する可能性が高いのがうつ病です。このような事情に配慮して、最近は様々な保険会社がうつ病の既往があっても入れる商品を発売します。例えば、告知で問われている内容に該当しなければ、うつ病の既往がある方でも加入が可能となる保険もあります。保険会社の審査では、過去数か月から数年の間の治療歴が特にチェックされます。うつ病でも通院治療だけの場合は、保障を引き受ける保険会社も見られます。他のストレス性疾患と同様に、うつ病の扱いが変わり始めている状況です。ストレスに起因する病気は、現在うなぎ登りに罹患者が増えています。ですので、保険会社が引き受けの基準を厳しくしてしまうと、加入出来る方の数が減少してしまうのが問題です。年齢が上がるごとに病気に罹患する確率は高くなりますので、医療費の保障を求める方にとっては由々しき事態です。引き受ける保険会社によって、保障の内容などは少なからず変わります。うつ病以外の病気、怪我に保障を限定する保険会社も少なくないです。保険の加入においてうつ病が障害になることがないように、各社がそれぞれ工夫を凝らします。保障が限定される場合でも、うつ病と関係のない疾患に関しては、健常者と同じ扱いになるのが一般的です。